憧れだったあのセレブ旅行こんなに安く楽しめるなんて!最安値保障!

秘書に暴言暴行疑惑の豊田真由子・逆切れ!

ニュース

秘書に暴言暴行疑惑の豊田真由子・逆切れ!
  • キュレーションサイトが無料で作れる!今すぐDreamersを始めよう
  • 藤沢涼×高嶋美里!普通の人が1億円作る為の設計図 無料プレゼント!
5つ星ホテルが2つ星の価格で!?高級旅行が世界最安値保証で楽しめる会員制旅行クラブ

髪も黒く短く、眉毛もゆるやか、地味な出で立ち

■新潮記者に逆ギレ…「反省モード」でも隠し切れない本性?

会見はいきなり「豊田議員のメイク待ち」で40分遅れとなる波乱のスタート。

精神不安定を理由に入院している豊田議員はこの日も病院から会場入りし、途中で「耳鳴りが……」と弱々しくうずくまる一幕もあった。

泣いたかと思えば笑ったり、一連の問題を報じた「週刊新潮」記者の質問に対し、苛立った様子で声を荒らげる場面もあり、険しい顔をして早口でまくし立てたり、報道陣からは失笑されていた。

議員の給与は年間2100万円

豊田議員は自身の進退に関して議員続行を表明し、10月にも行われる可能性がある次期衆院選についても事実上の出馬宣言が飛び出した。

約1時間30分に及んだ会見の終了間際。質疑応答の最後の一人として指名を受けた女性記者が、「すいません。週刊新潮です」と名乗り出たその瞬間に、これまで謝罪と反省の言葉を繰り返してきた豊田氏の態度が「一変」したのだ。

質疑応答は途中で打ち切りに

こうした豊田氏の発言に対し、新潮記者は「趣旨が違うのであれば、『死ねばいいのに』『強姦されたら』との例えや、『このハゲ』とか身体的特徴をあげつらうような発言をしてもいいのか」と再び問いかけたが、その後も新潮記者と豊田氏の応酬は続いたが、「どういう趣旨で強姦という発言をしたのか?」と記者が質問したところで、司会者が「時間が押している」などとして質疑応答は途中で打ち切りに。2人の主張は平行線のまま会見は終了となり、豊田氏はそのまま会場を後にした。

キュレーションサイトが無料で作れる!今すぐDreamersを始めよう
1
  • Dreamers!でお小遣い稼ごう 今すぐ無料登録
  • 5つ星ホテルが2つ星の価格で!?高級旅行が世界最安値保証で楽しめる会員制旅行クラブ
次世代型キュレーションブログ!DREAMERS!無料作成はコチラ

関連記事

ピックアップ!

ピックアップ!

ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

カテゴリー

月別アーカイブ

憧れだったあのセレブ旅行こんなに安く楽しめるなんて!最安値保障!